自宅でオンライン英会話

英会話教室

2011年(平成23年)度より、小学校において新学習指導要領が全面実施され、小学校高学年で年間35単位時間の「外国語活動」が必修化され、月に1時間英語の教育がされるようになりました。


英会話講師

文部省によると、英語の活動においては、音声を中心に外国語に慣れ親しませる活動を通じて、言語や文化について体験的に理解を深めるとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成し、コミュニケーション能力の素地を養うことを目標として様々な活動を行う、とアナウンスされています。

しかし実際の現場では、英語指導に不慣れな小学校教師が多いために、強力な助っ人として、ALT(外国語指導助手)という外国人が授業に参加することが主流になっています。

学習目的は「コミュニケーション能力の育成」にあるので、よりネイティブで実践的な英語を学ぶことが強みになる時代になっていくでしょう。


ネイティブ講師

そんな英語教育の環境下で、英語の自宅学習や外部機関での教育が重要視されています。
先ほども言ったとおり月一度程度の英語学習では、体験としては不足してると感じざるを得ません。

そして、英語の自宅学習を考える際に問題視されるのは「正しい発音は身につくのか?」「発音記号も読めるようになるのか?」「文法はしっかりと身につくのか?」「長文読解力や英文和訳力、和文英訳力は身に付くのか?」といった部分に集約されます。

しかし昔からある英語教育機関では、英検等のペーパー試験に対しては強いものの、実際のネイティブ英語圏での会話ができるかどうかというと不安が残ります。

そこで最近増えてきているののがスカイプを使った英会話教室です。


スカイプオンライン英会話

スカイプオンライン英会話

スカイプを使った英会話教室はオンラインでの教育と低コストで育成できる英語圏の人を講師にすることで、手軽で安価な英会話教室を実現しました。

英会話教室の時間も、生徒側の都合のいい時間に受ける事ができますし、なんといっても、普段から英語を使ってる国の講師による教育なので、ネイティブに即した英語表現や発音を身につけることが出来ます。

そしてスカイプの特性である音声と画面で五感を使って英語体験ができる、しかも安価なのでたくさんの時間を英会話に使うことができることは、普段の生活では英語に触れることのすくない子供さんにとっては大きいことだと思います。

ネイティブの発音と表現で鍛えられた英語は、従来の英語教育で育った子よりも現場に強い英語力を得る傾向があるようです。

ぜひ、子供さんにはネイティブの講師とのコミュニケーションをスカイプで体験させてあげて欲しいですね。


このページの先頭へ