英会話学習はネイティブ講師じゃないと伸びない!

ABCDEFG画像

なぜ英会話学習はネイティブ講師じゃないと伸びないのでしょうか?

それは英語独特の「フォニックス」、すなわち英語の音声学は、実際に英語を使っている講師からじゃないと自然に身につかないからです。

簡単に言えば「音と文字の関係の規則性」とも訳されるフォニックスを学ぶことによって、自然に英語が読めたり書けたりするようになるのです。

フォニックスを覚えることで英語の75%の発音が把握できる

ABC画像

児童英語では基本的に音と文字をくっつける作業をします。

アルファベット26文字を普通に読むと、A(エイ)B(ビー)C(スィー)・・・となりますが、フォニックスで読むとa(ア)b(ブ)c(ク)d(ドゥッ)・・・というような母音と子音の混合体になります。

さらには「二文字の音声で組み合わさる混合音」や「2語で一音」の英語は、日本語のカタカナ表記ではもう正確に表現できません。

英語の音には日本語の音にあうものがない音があるからです。
このフォニックスを覚えると、単語をいちいち覚えなくても音を組み合わせて理解することができるようになります。

つまり、フォニックスを覚えることで英語の75%の発音が把握できるようになります。

英語学習のモチベーションアップ

ダミー画像

そして、急激に英語の発音が把握できることで、「自分で英語が理解できた」「英語がわかった」という喜びを味わうことができ、英語学習のモチベーションが格段に上がります。

子供の学習意欲を高めるには、「わかった!」という達成感がとても重要なのです。

そしてその正確な音を学ぶには、ネイティブの講師からでしかできません。

オンライン英会話Skype学習の講師陣

大抵のSkype学習の講師は各英会話教室の研修の場で、フォニックスやホールランゲージ、TPR(Total Physical Response「全身反応法」と訳される)といった英語学習の方法論を学んでいる人が多いからです。

特にフォニックスは、Skype英会話学習のメインである「読む・聞く」の学習に向いているためとても重要視されています。


さらに子供の学習で最も大事なのは、子供と信頼関係を築くことです。

ABC画像

子供は教えてくれる先生の教育に対する熱意や子ども第一に考えている様子や言動を敏感に察知します。

もし、信頼関係が築けなければ、その先生に不信を抱きついには英語学習を止めてしまうケースもあります。

そのへんSkype英語学習は先生をこちらの方で選ぶことが出来るので、より相性の合った講師に学ぶチャンスが多いといえるでしょう。

子供の頃から英語を学ぶのなら、よりネイティブな英語を学びたいものですよね。
だから、出来るだけネイティブの講師の元で正確な英語を学ぶといいのではないでしょうか。

このページの先頭へ