英語義務教育でなぜ英語が話せないのか?

ダミー画像

社会で出て英語が話せないという問題

社会で出て英語が話せないという問題を考える前に、なぜ日本人はどうして日本語がしゃべれるのか?の問題を考えてみましょう。

私たちが日本語をしゃべれるのは、生まれたときから周りの言語環境が日本語だったからです。

赤ん坊だった私達の面倒を見てくれた両親が日本語を話すから、食べること、飲むこと、遊ぶこと、これらと同時に覚えるときに一緒に日本語を覚えたから、それが日本語が使える理由なのです。

そう考えると日本人のほとんどが英語をしゃべれないのはなぜか、簡単にわかりますよね?英語を使ってないから、ただシンプルにそれだけなのです。

問題は義務教育の英語にも原因

ダミー画像

問題は義務教育の英語にも原因があります。

日本では訳読方式という方法で英語を教育しています。
日本の英語の授業は、教科書や黒板に書かれた英文をひたすら訳して覚える教育だったと記憶にありませんか?
この教育方法が訳読方式なのです。

要するに英語を日本語で学ぶやり方をやってきているのです。

翻訳家を目指すのなら、訳読方式は最適な教育方法だといえるでしょう。
しかし、喋ることを主眼とした場合、訳読方式は向いていません。英語を「話す・聞く練習」をしないからです。
さらにこの訳読方式、実は訳している内容が実践的でなかったりします。
現実の日本語に英語の訳が即していないのです。

また日本語を覚えてるがために、英語の文法を身につくのが難しいという問題もあります。

日本で英語教育を受けた者ならば、SVOはは知っていると思われます。
Sは主語 、Vは 動詞 、Oは目的語です。英語の文構造はSVOの順にできています。しかし日本語の文構造の場合、VOが逆なのです。

さらに発音の問題もあります。
英語では、無声音という日本語で使われてない発音方法があります。
無声音とは声帯を震わさずに発する音で、子音がこれに該当する。
逆は有声音といい、声帯を震わせて発音する方法だ。日本語は全てが有声音の ため、無声音は存在しません。故に、無声音が区別できないことによりネイティブの英語が聞きづらくなるのです。

このように、より英語を身につけるには、より英語の環境に近い状況でしか身につかないのです。


このページの先頭へ